表面処理技術の今中村鍍金工業の「着色亜鉛三価クロム化成処理」、鮮明な赤をはじめ多様な色調が可能

2020年11月9日

 中村鍍金工業㈱(東京都千代田区、中村建輝社長)は、小ロット・高精度に適した「手動めっき」を得意とし、高(ハイ)ニッケル亜鉛合金めっき(ニッケル12~15%&亜鉛85~88%)+黒色三価クロム化成処理でステンレス以上の耐食性を持つ「ハイニッケル黒」や、鮮明な赤をはじめ多様な色調が可能な「着色亜……

記事全文をご覧いただきたい方は、キンサンデジタル(電子版)または、新聞購読をお申し込みください。

バナー広告の募集

金属産業新聞のニュースサイトではバナー広告を募集しています。自社サイトや新製品、新サービスのアクセス向上に活用してみませんか。