表面処理技術の今ライトウィンのアルマイト処理、膜厚が厚くて傷に強い高耐食

2020年11月9日

 ㈲ライトウィン(神奈川県川崎市、平山政勝社長)が得意とする多様な着色のアルマイト処理(陽極酸化処理)は膜厚が厚く傷に強く耐食性に優れ、様々なワークの形状の多品種・小ロットに対応している。
 同社はアルミニウム(以下「アルミ」と略)に対しての表面処理として①サンドブラスト加工、②ヘ……

記事全文をご覧いただきたい方は、キンサンデジタル(電子版)または、新聞購読をお申し込みください。

バナー広告の募集

金属産業新聞のニュースサイトではバナー広告を募集しています。自社サイトや新製品、新サービスのアクセス向上に活用してみませんか。