表面処理技術の今石徳螺子、木造需要の増加でコーススレッドに「イオニスコート」

2020年11月9日

 石徳螺子㈱(東京都葛飾区、石川隆一社長)の六価クロムフリー表面処理「イオニスコート」は、木造建築の需要増加を背景に、2018年秋からコーススレッド(木ねじ)への処理済み品が採用され始めている。
 「イオニスコート」は鉄素地に対して塗装系処理や溶融亜鉛めっき以上、ステンレス素地並み……

記事全文をご覧いただきたい方は、キンサンデジタル(電子版)または、新聞購読をお申し込みください。

バナー広告の募集

金属産業新聞のニュースサイトではバナー広告を募集しています。自社サイトや新製品、新サービスのアクセス向上に活用してみませんか。