表面処理技術の今アイ’エムセップ、「炭素めっき」の事業化目指す

2020年11月9日

 大学発のベンチャー企業であるアイ’エムセップ(京都市下京区、伊藤靖彦社長)は、2006年の創業当初より溶融塩電気化学プロセス(MSEP)を用いた炭素めっきの開発を行っている。炭素めっきは被処理材に耐食性や熱伝導性をはじめ様々な機能を付与することが可能で、EVや5G、医療分野など次世代産業への……

記事全文をご覧いただきたい方は、キンサンデジタル(電子版)または、新聞購読をお申し込みください。

バナー広告の募集

金属産業新聞のニュースサイトではバナー広告を募集しています。自社サイトや新製品、新サービスのアクセス向上に活用してみませんか。