表面処理技術の今大倉の亜鉛めっき、揺動バレルでキズ、曲がり防止

2020年11月9日

 ㈱大倉(埼玉県吉川市、岡田祥一社長)は、ワークの傷や曲がりを防止できる揺動バレルを導入している。キズの防止や長尺品の曲がりを防止できる高品質な亜鉛めっきを提供している。
 360度回転する回転バレルに対して、揺動バレルは180度回転でピストンする動きでめっき処理を行いワークの傷や……

記事全文をご覧いただきたい方は、キンサンデジタル(電子版)または、新聞購読をお申し込みください。

バナー広告の募集

金属産業新聞のニュースサイトではバナー広告を募集しています。自社サイトや新製品、新サービスのアクセス向上に活用してみませんか。