感染防止へ各社の取組みアサダ、事業所の土地ごとにリスク想定して分散

2020年7月27日

 ㈱アサダ(東京都墨田区、朝田英太郎社長)は、今回の新型コロナウイルス感染症を機に、従来からのBCPの延長としてとして各事業所の災害リスクを想定し分散が必要と実感している。
 同社はアサダ大阪㈱、アサダ名古屋㈱、ユニファス㈱と協力(提携)しており、災害時にユーザーへのサプライチェー……

記事全文をご覧いただきたい方は、キンサンデジタル(電子版)または、新聞購読をお申し込みください。

バナー広告の募集

金属産業新聞のニュースサイトではバナー広告を募集しています。自社サイトや新製品、新サービスのアクセス向上に活用してみませんか。