検査・計測装置の最新技術を探るケイ・アンド・ケイ・エンジニアリング、ナット・ボルト両方を画像検査

2020年1月12日

 ㈲ケイ・アンド・ケイ・エンジニアリング(大阪府摂津市)は、ボルトとナットをどちらも検査可能な「ガラス円盤方式画像検査装置」を開発した。今年、名古屋機械要素技術展でお披露目してさっそく注目を集め、続けて秋の関西機械要素技術展にも出品した。
 同社では2014年に円柱部品を対象にした……

記事全文をご覧いただきたい方は、キンサンデジタル(電子版)または、新聞購読をお申し込みください。

バナー広告の募集

金属産業新聞のニュースサイトではバナー広告を募集しています。自社サイトや新製品、新サービスのアクセス向上に活用してみませんか。