検査・計測装置の最新技術を探るユタカ、ラインアップ充実目指す AI活用に意欲

2020年1月12日

 ㈱ユタカ(東大阪市、安田憲司社長)では、長年の実績がある円盤式に加え、ガラステーブル式、そして2年前にはベルト式の「YS-QB型」を開発するなど豊富なバリエーション展開に努めている。近年ではAIの活用に向けて研究開発を進めているほか、米国への展開も検討するなどこれまで以上に多角的な事業展開を……

記事全文をご覧いただきたい方は、キンサンデジタル(電子版)または、新聞購読をお申し込みください。

バナー広告の募集

金属産業新聞のニュースサイトではバナー広告を募集しています。自社サイトや新製品、新サービスのアクセス向上に活用してみませんか。