検査・計測装置の最新技術を探る第一測範製作所の「Bee―1」、効率的で確実に自動のタップ穴検査

2020年1月12日

 ㈱第一測範製作所(新潟県小千谷市、木村敬知社長)が製造・販売しているタップ穴自動検査装置「Bee―1」は、検査員によって手回しで行われていたねじゲージ(以降「ゲージ」と略)による検査を自動化にし、検査漏れ・ワークの損傷を防止して効率的かつ確実な検査を可能とする。
 同社はゲージ・……

記事全文をご覧いただきたい方は、キンサンデジタル(電子版)または、新聞購読をお申し込みください。

バナー広告の募集

金属産業新聞のニュースサイトではバナー広告を募集しています。自社サイトや新製品、新サービスのアクセス向上に活用してみませんか。