ねじ(ボルト|ナット)・ばね(スプリング)の業界新聞。
金属産業新聞社

文字サイズの変更
ウェブ サイト内

ねじニュース

ねじ > ねじ機械工具業者
ねじニュースのフィード

東京鋲螺工機、2030年までに金型の自動生産目指す

本社工場が10周年に

「Tokyo―ACE」サンプル

「Tokyo―ACE」サンプル

超硬金型メーカーの東京鋲螺工機(埼玉県新座市、高味寿光社長)は、新設から10周年を迎えた本社工場の設備投資を進めて2030年を目標に金型の自動生産を目指す。

本社工場は09年3月に新座市内にあった旧第1・第2工場を統合して建設された同社の国内生産拠点だ。11年には微細精密加工のマシニングセンタ(牧野フライス製iQ300)を初めて導入して、放電加工やラップ工程を省略して超硬金型を直彫りで鏡面加工まで仕上げる加工法を確立。スピード・コスト・省力化面で優位性のある独自の超硬金型製品「Tokyo―ACE」を月産600〜700個生産している。同マシニングセンタは、同社の生産工程の主軸機種となっており、こうした生産体制と技術ノウハウにより、直彫り製法の生産性は従来製法の2倍、加工精度は3マイクロメートルまでに達している。

関連サイト
http://www.tbyk.co.jp/

2019/04/05 金属産業新聞

当サイトが配信する記事は、金属産業新聞社が発行する「金属産業新聞」に掲載された記事を抜粋し、内容を簡略化したものです。詳細な記事内容をお求めのお客様は、新聞の購読をおすすめいたします。