ねじ(ボルト|ナット)・ばね(スプリング)の業界新聞。
金属産業新聞社

文字サイズの変更
ウェブ サイト内

ねじニュース

ねじ > ねじメーカー
ねじニュースのフィード

ヒタチが5段パーツフォーマー導入、CNC旋盤はロボットで供給

多段強化と切削の省力化

導入した5段パーツフォーマー

導入した5段パーツフォーマー

ヒタチ(埼玉県富士見市、中野一宏社長)は5段パーツフォーマーを導入して圧造能力を強化した。またCNC旋盤のワーク供給システムとしてロボットアームを導入して切削加工の省力化を進める。

今年1月に新規導入した5段パーツフォーマーは中島田鉄工所製のBTX508A。同社が得意とする冷間圧造と切削を組み合わせた複合加工において、φ8_まで対応する多段圧造の旗艦機として活用していく。昨年11月には既存のCNC旋盤(シチズンマシナリー製RL01)にロボットアームを搭載して供給の省力化を図った。

関連サイト
http://www.kk-hitachi.co.jp/

2019/02/27 金属産業新聞

当サイトが配信する記事は、金属産業新聞社が発行する「金属産業新聞」に掲載された記事を抜粋し、内容を簡略化したものです。詳細な記事内容をお求めのお客様は、新聞の購読をおすすめいたします。