ねじ(ボルト|ナット)・ばね(スプリング)の業界新聞。
金属産業新聞社

文字サイズの変更
ウェブ サイト内

ねじニュース

ねじ > 関連企業(その他含む)
ねじニュースのフィード

【企業訪問】東洋炭素

高い耐熱性、仕様はJIS準拠

C/Cボルト・ナット

C/Cボルト・ナット

東洋炭素(大阪市西区、小西隆志社長)は2000℃の超高温下でも使用できるボルト・ナットを製造している。炭素繊維複合材料の一種である「C/Cコンポジット」によるもので、同社は世界的な炭素メーカーとして各種高機能炭素材料の生産及び炭素製品の加工・販売を行っている。

C/Cコンポジットは炭素を炭素繊維で強化した複合材料。同じ炭素繊維複合材料として樹脂を炭素繊維で強化したCFRPがあるが、C/CコンポジットはCFRPを焼成した後に高温処理(2000〜3000℃)を施すことで樹脂を炭素化したもの。室温下での引張強さ(MPa)は鉄に劣るものの、1000℃以上の高温下で強度が向上するため特に高い耐熱性が求められる箇所に使用されている。

関連サイト
http://www.toyotanso.co.jp/

2017/03/27 金属産業新聞

当サイトが配信する記事は、金属産業新聞社が発行する「金属産業新聞」に掲載された記事を抜粋し、内容を簡略化したものです。詳細な記事内容をお求めのお客様は、新聞の購読をおすすめいたします。