ねじ(ボルト|ナット)・ばね(スプリング)の業界新聞。
金属産業新聞社

文字サイズの変更
ウェブ サイト内

ねじニュース

ねじ > ねじメーカー
ねじニュースのフィード

ヤマシナ、「アルアーマナット」を開発

CFRP用アルミ合金製インサートナット

ボルトによるCFRPの接合を可能に

ボルトによるCFRPの接合を可能に

ヤマシナ(京都市山科区、堀直樹社長)は、かねてより開発を進めていたCFRP用アルミ合金製インサートナットである「アルアーマナット」の開発が完了したと発表した。販売を開始すると共に、今年6月頃を目途に量産体制を確立する。

今回開発されたアルアーマナットには電気絶縁性が極めて高い被膜が付与されており、軽量かつ特殊形状(特許出願済)によりナットの抜けや空転に強い構造となっている。CFRP用のインサートナットはこれまでに開発例がなく、同社によればアルアーマナットは炭素繊維が40%含まれているCFRTP(※)に射出成型後3000時間の塩水交互浸漬試験を実施しても電食が発生せず、またナットに対して130℃からマイナス30℃の温度変化を繰り返し与えた後も電気の導通が見られないなど過酷な環境下にも対応する仕様となっている。

※CFRTP…炭素繊維強化プラスチックのうち、母材に熱可塑性樹脂を用いたものを指す。

2017/02/13 金属産業新聞

当サイトが配信する記事は、金属産業新聞社が発行する「金属産業新聞」に掲載された記事を抜粋し、内容を簡略化したものです。詳細な記事内容をお求めのお客様は、新聞の購読をおすすめいたします。