ねじ(ボルト|ナット)・ばね(スプリング)の業界新聞。
金属産業新聞社

文字サイズの変更
ウェブ サイト内

ねじニュース

ねじ > ねじ機械工具業者
ねじニュースのフィード

スズキ機電、ミャンマー企業に技術支援

同国で初のハイテンボルト事業で

MECのハイテンボルト(ミャンマー国内の展示会で、田中迪章氏撮影)

MECのハイテンボルト(ミャンマー国内の展示会で、田中迪章氏撮影)

スズキ機電(埼玉県入間市、鈴木勝社長)は、ミャンマー国内で初のハイテンボルト事業の立ち上げに日本企業として携わり、工場の整備から設備導入、稼働に至るまでの技術指導の中心を担った。ファスナー生産を通して、インフラの構築が課題となっている同国の発展に貢献していく。

スズキ機電の技術指導のもとで2012年よりハイテンボルトの生産を開始しているのは、ミャンマー国防省出資のMyanmar Economic Corporation(ヤンゴン市、以下MEC)だ。MECは重工業からタイヤ、飲料、金融など多岐にわたる事業を展開している巨大コングロマリット(複合業体)で、これまで金属加工部門では圧延鋼板などを生産してきた。経済発展が進む中で電力、橋、鉄道などのインフラ整備が急務となり、ミャンマー国内でのハイテンボルト生産プロジェクトが立ち上がった。同国初の試みに、生産立ち上げまでの技術コンサルティングを請け負う企業として日本のスズキ機電が手を挙げたのが取引のきっかけだ。

関連サイト
http://suzuki-kiden.co.jp/

2016/05/16 金属産業新聞

当サイトが配信する記事は、金属産業新聞社が発行する「金属産業新聞」に掲載された記事を抜粋し、内容を簡略化したものです。詳細な記事内容をお求めのお客様は、新聞の購読をおすすめいたします。