ねじ(ボルト|ナット)・ばね(スプリング)の業界新聞。
金属産業新聞社

文字サイズの変更
ウェブ サイト内

ねじニュース

ねじ > その他イベント
ねじニュースのフィード

特集・横須賀製鉄所が創設150周年

市内各地の博物館で記念展

平成27年に横須賀製鉄所(造船所)が創設150周年を迎えた事を記念して、昨年5月から今年1月にかけて、神奈川県横須賀市内各地の博物館で記念展が開催(一部博物館では既に会期終了)。製鉄所創設に貢献した幕末の幕臣である小栗上野介や、横須賀製鉄所にまつわる日本の近代化・工業化、さらに日露戦争について紹介があった。

横須賀市文化会館の記念パネル展「小栗上野介と横須賀製鉄所」(会期は平成27年11月13〜22日)では、日本の近代化・工業化に貢献した幕末の旗本であり、横須賀製鉄所を開設した小栗上野介の遺品をを展示し、人物について紹介。会期中は小栗上野介を祀る東善寺(群馬県高崎市)住職の村上泰賢氏と、小栗上野介顕彰会会長の市川平治氏がギャラリートークとして解説も行った。

横須賀市自然・人文博物館の記念展「すべては製鉄所から始まった―MadeinJapan―の原点―(第1・2会場)」(平成27年10月31日〜平成28年1月31日)では、横須賀製鉄所についてヴェルニーをはじめフランスとの関わり、黌舎での技術者育成、木造れんが造り・鉄筋コンクリート造りの先駆け、工業だけでなく自然科学さらに食文化まで学ぶ機会の場であった事が紹介された。

また、別館であるヴェルニー記念館の記念展「すべては製鉄所から始まった―MadeinJapan―の原点―(第3会場)」(平成27年10月31日〜平成28年1月31日)では、ナポレオンV世が「ヴェルニーを日本政府の意向に従い、横須賀に海軍工廠を創設せしめる事を認可する」と派遣する旨を記した決定告知書、横須賀開港50周年・100周年を記念した絵葉書や当時の写真、横須賀製鉄所内の黌舎出身者の著書を展示。さらに、横須賀製鉄所内で使用されていたスチームハンマー(重要文化財)が常設展示されている。

記念艦三笠の特別展「日本海海戦と横須賀製鉄所」(平成27年5月2日〜11月30日)では、戦艦三笠が参戦した日本海海戦だけでなく、日露戦争全体の推移と当時の世界情勢、日本近代化の魁・殖産興業の中枢≠ニしての横須賀製鉄所の貢献について解説、東郷平八郎元帥の手帳をはじめ当時使用していた品々も展示された。

2016/01/08 金属産業新聞

当サイトが配信する記事は、金属産業新聞社が発行する「金属産業新聞」に掲載された記事を抜粋し、内容を簡略化したものです。詳細な記事内容をお求めのお客様は、新聞の購読をおすすめいたします。