ねじ(ボルト|ナット)・ばね(スプリング)の業界新聞。
金属産業新聞社

文字サイズの変更
ウェブ サイト内

ねじニュース

ねじ > ねじメーカー団体
ねじニュースのフィード

ねじ研、六角ボルト・ナットJIS附属書の存続を報告

本体との識別、周知・広報などが課題に

日本ねじ研究協会(相澤正己会長)が、第62回理事会(5月17日、機械振興会館)で報告した「六角ボルト・六角ナットのJIS改正原案の審議経過」(報告)の要点は次の通り。

当会に設置した六角ボルトJIS改正原案作成委員会及び六角ナットJIS改正原案作成委員会において、JIS B 1180(六角ボルト)及びJIS B 1181(六角ナット)の改正原案作成の審議を行った。

JIS改正原案の作成に当たっては、2014(平成26)年12月31日限りで廃止される附属書の取り扱いについて慎重に審議し、日本国内の各産業分野で使用されている六角ボルト及び六角ナットが附属書で規定されているものであって、技術的にも機能上からも問題なく使用・流通されている実績を踏まえて、附属書の規定を存続することになった。また、本体の規定は、対応国際規格に整合した内容に改めた。

今後の課題は、六角ボルト・六角ナット以外のねじ部品で本体と附属書とがあるJISの改正を同一の方針で進めていくこと、生産・使用・取引の市場において本体の製品と附属書の製品とが混在してくる場合の識別、本体のISO仕様の製品の周知・広報の仕方などである。

2013/06/05 金属産業新聞

当サイトが配信する記事は、金属産業新聞社が発行する「金属産業新聞」に掲載された記事を抜粋し、内容を簡略化したものです。詳細な記事内容をお求めのお客様は、新聞の購読をおすすめいたします。