鍛造解析ソフト「AFDEX」のオンラインイベントを開催

2020年11月10日

【本紙協賛イベント】

 

鍛造シミュレーションソフト「AFDEX」を販売する㈱JSOL(東京都中央区)は、「JSOL CAEフォーラム2020」を12月1日から4日にオンデマンド配信で開催します。期間中はAFDEXの特徴や事例、最新機能を解説する講演も配信されユーザーは勿論、CAE解析の導入を検討しているファスナー企業も注目のイベントとなっています。

 

鍛造製品の加工成立性を予測でき工程設計を支援する鍛造解析シミュレーション「AFDEX」は、多工程冷間圧造や熱間鍛造、板鍛造や転造製品の設計にも応える解析ソフトです。

 

解析が初めての設計者でも直観的に鍛造プロセスがシミュレーションでき①鍛流線の解析と高速表示②多くの金属と高温データを搭載する標準材料データベースを用意③半日の教育ですぐに使えるプリポスト④必要なモジュールのみを選択できるリーズナブルな価格設定を実現⑤工程の最適化ツールとしてコスト削減に貢献できる―といった特長をもちます。

 

同イベントはオンデマンド配信のため期間中は参加者が好きな時間に好きな講演を聴講できます。約40講演が開催される予定で、このうち「AFDEX」に関する講演は次の通りです。

▽「鍛造シミュレーションソフトAFDEXのご紹介」/AFDEXの特徴や事例、操作紹介を行い、AFDEXを利用するメリットを解説/講師:㈱JSOL北尾徹氏

▽「AFDEX最新バージョンの紹介」/最新バージョンの新機能を解説/講師:㈱JSOL北尾徹氏

 

お申込みはJSOLウェブサイトの下記ページから。同イベントは金属産業新聞社が協賛しています。一般の参加申込は5万円ですが、参加申込時の招待者欄に「金属産業新聞で知った」と記載した場合は無料で参加できます。〝鍛造解析の未来〟を見ることができる絶好の機会をお見逃しなく!

 

製品パンフレット

http://www.neji-bane.jp/pdf/jsol_cae2020.pdf

 

イベント参加申込はこちら

https://www.jsol-cae.com/event/usersevent/2020/caeforum/